汎用AD9851ボードの製作2

先日設計した汎用AD9851ボードを、大量発注が可能なデータにした。

先日作成したパターン図を、複数配置し大量に発注が可能にした。大量配置の方法は下記URLを参考にした。

http://yondakana.blogspot.jp/2017/02/elecrow.html

パターンは先日のものから小サイズ化を行い、横27mm、縦18mmになった、これを横に3枚、縦5枚配置し、1基板で合計15枚発注が可能にした。

基板同士はドリル穴を複数配置し、ミシン目のように切断が可能にした。

ベタパターンの範囲指定が上下で重なってしまい、上下の基板のGNDが接続されてしまったが、実際の使用時には上下を切り離すため、現時点では問題はないものと思われる、

パターン複数配置20180425.PNG
複数配置した図

また、KiCADでガーバーファイルを出力した際、拡張子がelecrow側での要求されたものと異なっているが、下記URLを参考に、拡張子の変更を行った。

http://www.kicad.xyz/entry/elecrow-order/

 

今後、このデータを発注し、回路の作成を行う、

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください